秘書・総務必見!取引先が喜ぶ胡蝶蘭の用途やシーン、贈る時の注意点を解説

胡蝶蘭は見た目だけでなく扱いやすいお花として重宝され、さらに大変縁起の良い花言葉をもっているため、企業間の贈答用として様々なお祝いの用途で贈られるお花です。

今回はビジネスシーンの用途と選べれる理由、贈る際の注意点をご紹介します。



目次

  • 1. 開業・開院・開店祝いための胡蝶蘭
  • 2. 就任・栄転・上場祝いための胡蝶蘭
  • 3. 創立・周年祝いのための胡蝶蘭
  • 4. お祝い胡蝶蘭の「人気ランキング」

開業・開院・開店祝いための胡蝶蘭

胡蝶蘭は見た目が豪華でありながら、香りがなく、花粉も飛び散りません

そのためお客様の出入りがある病院、医院や飲食店の開業・開院・開店祝いの贈り物に向いています。

また、数日で枯れてしまう生花とはちがい、花もち時期が長いため、お届け先の都合に合わせて、前もってお届けしても安心です。

注意点
お届け先は開店、開業、開院前となると、立て込んでいます。いつ受け取りが可能か、いつ頃届くのかなど必ず事前に伝えましょう。



ぴったりの商品を見る

就任・栄転・上場祝いための胡蝶蘭

就任・栄転・上場祝いでは、受付やエントランス、会場に飾られます。上品で落ち着きのある雰囲気の胡蝶蘭は、格式のあるシーンにもふさわしいお花です

ビジネスの関係先に贈る就任・栄転・上場祝いでは黄色やピンクなどの胡蝶蘭より、白大輪の胡蝶蘭がおすすめです。白は信頼感や清潔感を伝える事が出来ます。

上場祝いで贈る胡蝶蘭には、立て札を必ずつけましょう。式典がある場合は、参加者に自社をアピールするためにもおすすめです。

注意点
上場や一部昇格の祝いを贈るタイミングと送り先は、式典の有無によって変わります。

式典に招待されている場合は、指定の日時もしくは当日の午前中までに胡蝶蘭が会場に届くように手配しましょう。式典がない場合は上場当日の午前中に会社宛にお送りするのが良いでしょう。



創立・周年祝いのための胡蝶蘭

胡蝶蘭の花言葉には「幸福が飛んでくる」「共にする喜び」という意味があります。
また、樹木や岩肌などの表面に根を伸ばし張りつくようにして生育することから「繁栄・発展」の意味合いもあるんです。

創立記念日・周年祭など大切な方や取引先の新たな門出をお祝いするのにピッタリな贈り物です。

また胡蝶蘭の花は全てまっすぐに前をむいているのが特徴です。花言葉だけでなく、その姿からもお祝いにふさわしいお花です。

注意点
創立記念日の式典や周年記念のパーティーがある場合は、上述同様に指定の日時もしくは当日の午前中までに会場に届くように手配しましょう。

会場へのお届けは開催日時などを改めて確認をし配達時間も事前に相談しましょう。昨今の情勢により、パーティーがない場合もあると思いますが、その際には早めに会社、事務所などへお贈りするのが良いでしょう。



周年祝いにぴったりの商品を見る

お祝い胡蝶蘭の「人気ランキング」

おすすめの商品をもっと見る

■ページ監修者

有限会社黒臼洋蘭園 代表取締役社長 黒臼秀之

胡蝶蘭一筋38年以上。 世界屈指の胡蝶蘭専門家として、多数のメディア出演を果たす。 日本最大級の胡蝶蘭専門農園を経営しており、栽培している胡蝶蘭は農林水産大臣賞をはじめとする多数の表彰を受ける。 近年では胡蝶蘭文化の浸透の為、SNSを積極的に活用し、胡蝶蘭の栽培方法などを発信している。